ドメイン泥棒からあなたのドメイン名を保護するための6ヒント

ドメイン泥棒? はい、私たちが呼んでいるドメイン購入者と再販業者の間違ったサブカテゴリ ドメイン名.

ドロップされたドメイン名または期限切れのドメイン名を購入する (ドロップキャッチとも呼ばれます)は、それ自体で違法な活動ではありません:あなたはもう誰も主張しないドメインを購入しており、正当に(個人的または商業的目的で)それらを使用することを意味するなら、あなたは良いドメイン人であり、 。

もちろん、優れたドメイン担当者になるということは、購入したドメイン名がブランド以外のものであること、つまり登録商標を表していないことを確認する必要があることを意味します。 サイバースワッピング。 その後、転売目的で購入するドメイン作成者が存在し、これはもう一つの正当な活動です。

残念ながら、すべてのドメーナーが優れたマーケティング担当者であるとは限りません。 露骨に言っても、かなり取りつかれている人もいます。 特定のドメイン(名前、PageRank、リンクの人気度、Alexa、またはmozRankに魅力を感じる)を見つけたら、既知のあらゆる手段を使用して、不正行為を試みる程度までそれを取得します。登録者の誠実さ、またはプライバシーの侵害を試みます。

上記が合法的な活動ではないことは明らかです。 申請されていないドメインを登録することは1つのことですが、登録者にドメイン名を放棄させることは受け入れられません。 そして失礼。 私はそのような虐待を経験しましたが、もしあなたがそうしたなら、あなたのビジネスにとってどれほど危険かをよく知っています。

以下のガイドはあなたの状況を念頭に置いて書かれましたが、すべての6ヒントは私自身のドメイン名を保護するための反戦略として個人的にテストされました。

ドメイン名を保護する方法

1。 絶対に、あなたのドメインを失効させない

公共の場で再び登録可能それまでの有効期限が切れたドメイン名のサイクル
公共の場で再び登録可能それまでの有効期限が切れたドメイン名のサイクル(source)

ドメイン名は、有効期限の少なくともXNUMXか月前、XNUMX年以上の期間更新してください。 ドメイン担当者はドメイン取得オプション(ドメインバックオーダー)を使用できるため、有効期限が切れて登録できるようになるまで、ドメインを「事前注文」することができます。

ドメイン名の状態
ドメイン名の状態

ドメインのREGISTRAR-HOLDステータスに注意してください:REDEMPTIONPERIODまたはPENDINGDELETEに設定されている場合は、急いで更新してください。 これら2つ以外にもステータスコードがあり、ここのリストには 標準化されたドメインステータスコード これはあなたのドメイン名ステータスの説明をあなたに与えます。

ドメインバックオーダーは正当な購入オプションですか?

一般的に、買い手にとってリスクはありますが、バックオーダーは正当と見なされます。 実際、バックオーダーはいつかドメイン名を取得できるようになることを望みますが、現在の登録者はドメインがドロップする前にいつでもドメインを更新し、バックオーダーの購入に勝つことができます。 ドメインバックオーダーは、標準のドメイン価格と比較すると高価なので、ドメイン名を取得する際に考慮する最初の選択肢になることはありません。 以下は、ドメインのバックオーダーで人気のあるWebサイトです。

2。 ドメインロックを有効にする

ドメイン名がロックされています
NameCheapでドメインロックステータスを確認する方法は次のとおりです。

新しいドメイン名を登録すると、レジストラは自動的にドメインロックを適用します。 ドメインロックは、他のレジストラへのドメイン名の不正な移管を拒否する安全オプションですが、移管を許可するため、または他のオプションを有効にするために一時的に無効にすることができます。 いずれにせよ、このオプションが果たす重要な役割に注意を払い、完了後に再び有効にすることを忘れないでください。これは、スライドメーナーがドメインを盗むことを禁止する安全なシステムだからです。

3。 WHOIS保護を有効にする

Hover.comやNameCheap.comなどのレジストラは、登録の最初の1年間はこのオプションを無料で提供しています。 WHOIS Protectionは、一般性、電子メール、電話連絡先、自宅住所など、ドメイン関連のすべての情報を完全に隠すことができます。

保護されていないWhois
以下は、保護されていない.comドメインWHOISの結果の例です。登録者の詳細が含まれています

すべての保護されたWHOISの問い合わせは、レジストラに関する一般的な情報を返します。 WHOISの情報を確認するには、次のようなサービスを利用できます。 WHSRツール or who.isUNIXベースのOSを使用している場合は、単に端末を入力してください:

whois domainname.com

ドメイン登録機関とWHOIS保護

以下は、WHOISプライバシー保護や価格を提供ドメインレジストラのリストは、次のとおりです。

ドメインレジストラWHOISプライバシー
123 Reg£4 .99 /年
Domain.com
ガンディ
GoDaddyは$ 7.99 /年
ホバー無料版
名前安い無料版
ネットワークソリューション$ 9.99 /年

4.ドメインは非売品です

ホームページのバナーまたは免責事項を使用して、ドメインを購入するすべてのオファーが自動的に無視されることを明確にします。 レジストラが「組織名」または追加の「番地」フィールドを許可している場合は、「ドメインは非売品」と書かれているものを使用してください。 この戦略により、ドメイン担当者が見積もりをリクエストするためにメールで連絡する可能性が低くなります。

5。 不快なメッセージを無視または報告する

ドメーナーのしつこいリクエストメールを無視してください。 (まれに)彼らがあなたをin辱したり脅迫したりする場合は、メールプロバイダーとレジストラに報告するか、利用可能な場合はドメインのISPに報告してください。 名誉mation損と脅迫は犯罪であり、法律によって迫害される可能性があります。

6。 リクエストに屈しない

うそつきドメイン名は微妙です:彼らはあなたの操作を試み、安全性と信頼感を磨いて、あなたの同意なしにあなたのドメインを獲得することになります。

あきらめない! あなたのドメイン名は理由のためにあなたのものです、あなたは検索エンジンの目でその評判とその価値を成長させるために一生懸命働きました。 「怠惰な」ドメーナーにあなたの労働の成果を利用させないでください。 ドメインを売り切ることに興味がない限り、取りつかれているドメイン管理者の罠に陥らないようにしてください。

もっと詳しく知る-

著者の写真

記事を書いたユーザー: ルアナ・スピネッティ